スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


サポーターズリンクの方も、応援よろしくお願いします!

空に届け

ガンテクを始めて2日目の事。ガンナーのレベルは16になりました。
初挑戦のクラスとだけあって、見える世界が新鮮です。

(今は楽しくないという意味ではありませんが)ゲームというものは、
やはり初めて手にとってプレイした時が、一番楽しいですよね^^
PSO2でも、ロッドでノンチャージフォイエをポンポン撃っていた頃が、
アイテムをわざわざ全部集めていた頃が、一番楽しかったものです。

皆さんもぜひモン〇ンを起動して、生肉と肉焼きセットを持って、
雪山か森丘の見晴らしの良い所で肉を焼いてみてはいかがでしょうか。
その場で焼きたてを食べれば、初心に帰った気持ちになりますよ♪



こほん。そして今のわたしはまだレベルの低いガンナーとして、
初心に帰った気持ちで、ナベリウスの森林を探索しています。
目的はバルバラのツインマシンガン特訓1、森林探索のクリアです。

手にはツインマシンガン、目を輝かせながら全PAを試し撃ちします。
ガンナーのPAは何故かバレットスコール以外は11以上と充実してます。
そもそもガンナーに憧れるきっかけになったのがバレスコなのに、
それがまだ弱いというのは悲しいですね……!(詳しくはこちら


そんな事を思いながらメシアタイムのシュールな動きを楽しみつつ、
ウーダン相手に理不尽な連続攻撃を浴びせて余韻に浸っていると、
突如わたしが相手していたウーダンに、青い雷が落ちました。

それは紛れもなく、よく見慣れた雷テクニック、ゾンデです。
振り返るとそこには、初期装備のロッドを持った沼子さんが一人。
失礼ながらキャラ情報を確認すると、サブクラス無しのフォースでした。

レベルはわたしと同じ16。時折ノンチャージのゾンデを撃ったり、
マグが初期形態だったり、ノーマル推奨ブロックという事もあり、
彼女はまだアークスになって日の浅いビギナーさんだと思われます。


きっと今の彼女は、今のわたしかそれ以上に目をキラキラさせながら、
ナベリウスの景色や、自ら放つテクニックを楽しんでいる事でしょう。
懐かしいです。わたしも初期テクを卒業して習得したラフォイエで、
気分はクラリスクレイス、そこらじゅう何でも爆破していたものです。

先輩としてそんな彼女の楽しみを奪ってしまってはいけないと思い、
ひっそりと近づいてレスタだけかけ、エネミーは彼女に任せます。
シフタをかけてしまうとエネミーをいたぶれませんからね♪(殴

彼女は続々と現れるダガンやウーダンにゾンデを連続で浴びせながら、
わたしが立ち止まると周囲をウロウロし、走ればついてきます。
本当にわたしを、しっかりした先輩だと思ってくれているようです。

誤解です沼子さん。わたしはまだガンナーはペーペーのビギナーです。
全然しっかりなんてしてません。でもそこは本当の先輩として、
彼女を先導しながら、2人で森林をかき分けて進んでいきました。


すると視界が開けた所に、野生のロックベアが現れました。
ここで彼女が初めて「えっ!」と口を開きました。
これはもしや。わたしも同じ衝撃を受けた事がありました。

そう、ボスが途中で出てくるという事自体を知らなかったのです。
彼女も恐らく見た事がある、森林探索のボスであるロックベアが、
道中でいきなり出てくる事に衝撃を覚えているに違いありません。

「なんでw」
「道中でも普通にボス出るんですよ^^」
「そうなんですかw」

何気にここで初めて彼女と会話しました。そう言ってる間にも、
彼女はロックベアのプレスを喰らって瀕死状態になっています。
彼女はすぐさま自身にレスタをかけ、2人でロックベアと戦闘開始です。

わたしはエリアルシューティングで空を飛び、Sロールを織り交ぜつつ、
エルダーリベリオンで滞空しながら連続攻撃を浴びせます。
ロックベアが相手なら反撃も怖くありません。良い滞空練習です。

一方の彼女は、ロッドからタリスに持ち替え、ロックベアに投げては、
そこからゾンデを撃っています。……あれ、どうしてゾンデ?
どうしてわざわざタリスに持ち替えてゾンデを撃つんでしょう……?


そう思っていた矢先、わたしはロックベアのジャンプ攻撃を喰らい、
滞空したままHPが半分に。防具を何も装備していませんでした……!
よし、ここで滞空ノンチャージメギバースの練習をしておこう!

……と思いましたが、わたしはそれを止めておく事にしました。
彼女がタリスに持ち替えて戦う理由が、そのとき分かったからです。
彼女はロックベアから距離をとり、何と空に向かってタリスを投げ、
空中の何も無い所で、何度もレスタを発動させています。

彼女はわたしを後方支援しようとして、タリスに持ち替えたのです。
わたしが前衛で戦ってくれる事を期待していたのだと思いますが、
いきなりわたしが空を飛ぶものだから、思い切ってタリスを上に投げ、
何としてもレスタをかけようと、必死に挑戦し続けているのです。


これは御見それしました。わたしは彼女の目標を達成させるために、
何としても地面に落ちる訳にはいきません。エルダーで留まりつつ、
左右1回ずつSロールし、またエルダーで必死に滞空を続けます。

彼女は何度もタリスを空に投げますが、発動タイミングが遅く、
わたしを通り越して少し上にレスタを発動してしまうようです。
これ以上わたしが高度を下げると、ますます厳しくなりそう。

わたしもガンナーはまだ慣れていないので、必死に滞空を続けても、
少しずつ高度が下がってしまいます。何とか空に留まろうとして、
エルダー中に武器を持ち替え、リバースタップを織り交ぜて上昇し、
彼女がわたしにレスタをかけられるまで、心から応援しました。


すると遂に丁度いい高度でタリスが留まり、チャージし始めます。
しかしわたしより少し前に離れていて、レスタが届きそうにありません。
わたしはすかさず、チャージ完了と共にデッドアプローチを発動し、
目の前に浮かぶタリスに飛び込むようにして空を翔けました。

次の瞬間、緑色の光がわたしを包み、HPを全回復します。
彼女は見事、空中のわたしにレスタをかける事に成功したのです!

彼女からレスタと、それ以上の目に見えないパワーを貰ったわたしは、
デッドアプローチでさらにロックベアに近づき、あの時と同じように、
ただ1つだけレベルの低いバレットスコールを、ロックベアの真上で発動。
一気に畳み掛け、見事に討伐に成功しました。


わずか数分の戦いでしたが、時間はとても長く感じました。
やっと地上に降り立ったわたしに、彼女はこう言いました。

「かっこよかった!」

わたしがあの時見たバレットスコールと同じような感動を、
きっと彼女も感じている事でしょう。わたしは少しだけ照れながら、
彼女にこう返しました。

「レスタありがとうございました♪」

ああ、ここで「君の方が格好良かったぜ!」と言えば良かった^^;
しかし時すでに遅し、彼女もわたしの言葉に少し照れた様子です。
もっと照れるような事も言えたのに。惜しい事をしましたね……!


「なかなか上手くいかなくてw」
「いえいえ、凄かったですよ!」
「タリスもっと上手くならないとー」
「わたしも流石にあれは出来ませんよw」
「タリス使うんですか?」
「まあ、それなりに歴は長いです^^;」
「また教えて下さいw」
「ええ、いつでもどうぞ♪」





そうして森林エリア2の出口前で、彼女とフレンド登録を交わし、
今度はそれぞれ1人で、ロックベアとの戦いに向かうのでした。
バルバラのオーダーは結局タイムオーバーで達成できませんでしたが、
それ以上に価値ある達成の瞬間を見届ける事ができました。

タリス使いとして、彼女はまだ第一歩を踏み出したばかりですが、
空中のガンナーにレスタをかけるという、わたしにも出来ない事を、
慣れない手つきながらも見事にこなしました。成長が楽しみです♪
いずれきっと、HPの減った味方が地上に居ようと空を飛んでようと、
サッとタリスを投げて回復する名手になっている事でしょう。


その凄まじい支援魂に敬礼。これからもその心、大切にして下さい。
そして大きくなって、またどこかで皆に力を与えて下さい♪



サポーターズリンクの方も、応援よろしくお願いします!

テーマ : PHANTASY STAR ONLINE2 - ジャンル : オンラインゲーム

コメント

No title

いーなーw

私もレンジャー初めてノーマルブロック籠ってるけどこんな白熱した展開なかったよ?w

マイザーさんはなにも落としてくれなかったし(ボソッ

お久しぶりです♪
ガンナーたのしそうですね~(^_^)ノ

初心に帰るか~…自分もガンナーやってみようかな♪


やっはろー☆

僕の尊敬する変態さんもこうおっしゃっておられます。

世の中、なんだかんだ言って「初めて」ほど楽しい事はない。

初めての恋愛。
初めての親友。
初めての非行。
初めての成功。
初めての・・・・・・エロゲ?

まぁ最後のは…そういうキャラなので許してあげて下さいm(_ _)m

僕もいまだに思い出せる、初めてポケットモンスタ○をプレイした時。
あの時は、たくさんの「初めて」が重なっていて…初めてのゲーム、初めてのアバター、初めての異世界、初めての冒険…言葉にできない、とても気持ちのいい感情が確かに残っています。

Linoさんがお会いしたというその魔法使いさんの、「初めてのPSO2」もふつくしき思い出になるように……Linoさん頑張って導いて差し上げて下さいね←蹴

No title

あぁ、目を閉じれば状況が思い浮かぶ素晴らしくかつ繊細な戦いですね!タリスから放たれるレスタの瞬間はメシアタイムの如くスローモーションの世界が眼前に広がったことでしょう
沼子さんにとってもLinoさんにとっても良き出会いでしたね!

近接ならではの支援

更新お疲れ~(✾・ω・)ノ
支援の候補で新しくザンバース→ノンチャ風テクってのはどうかな~
近接するGuならではって感じでw
ゾンディみたいに重ねれるのだろうか・・・今度実験してみようかなw
リノさんと出逢った沼子さん・・・その人も支援スタイル目指していくのだろうか
成長が楽しみだね~

可能性を広げるという事…

言っちゃ悪いが、空中にレスタを放つなんて非効率な事、初心者しかしない…
しかし、彼女の行為ははPSO2の可能性をかなり広げてくれたのではないだろうか?
自分が思いつきもしなかった事を新規さんがやってのける…これだからオンラインゲームは面白い(笑)

P.S.
床ペロへの返信
前科が多すぎて気付けって方が無茶です。(爆)

良くレスタって気付いたねぇ(^_−)−☆

あたしなら、気付かないでセルフレスタしてるわw

支援型のプレイヤーとして、見習わないとw

お返事

>>リーエさん

おや、レンジャー始めたんですか~! うふふふ、銃は最高ですよお!!
レンジャーは飛びこそしないですが、回避性能がほんとどうしようもないので、レスタの恩恵は大きいです^^;
もっともわたしの場合は自分のレスタですが。サブテクターは万能なんですからね……(震え声


>>jackfrostさん

わたし的にはやってて楽しいクラスのナンバーワンですw 最近は飛びまくるのもあまり推奨されないのかもしれませんが……!
初心って、本職ガンナーさんだったって事ですか~。ガンナー強化おめでとうございます♪ 修正前のガンナーさんは苦しい思いをしてきた事でしょう^^;
そしてサブテクターであるわたしは同じように苦しい思いをしていく事に(ry


>>ヒナさん

尊敬する変態って誰ですか! まあ、それはさておき……
なんかヒナさんのキャラがいまいち掴めなくなってきましたが、言ってる事は確かにそうなんですよね。
PSO2の時もそうでしたが、インフィニティの体験版を初めてプレイした時は新鮮でしたねえ~。MP(PP)がガンガン回復して魔法撃ち放題!ってのがw
そして一番笑ったのがポケットモンスタ◯……マルの位置おかしいでしょw


>>ヒバリさん

メシアのスローモーはネタですが、今回の出来事は自分も周りの風景もぜんぶスローモーに見えました……!
瞬間移動のデッドアプローチでさえ飛翔の奇跡が見えましたよ、いやマジで。ノーマルでこんなに白熱した戦いができるとはw
彼女がどんな支援プレイヤーになるのか期待がかかりますね!……攻撃特化Foになってたらそれはそれですが……!


>>エイルさん

近接するガンナーって言われちゃいましたが、わたしは空飛ぶガンナーですよ! ……いや、雑魚戦では地上派ですがねw
ザンバはバースト時にはいいかもですが、なにせVitaだから重い……! ノンチャージラザンならガロンゴ裏返しでよく使ってますね~
あとはゾンディからのバレスコを機甲種相手に。それでもヘッドショットは狙いにくいですが、、、!


>>エディさん

マルチで彼女以外の11人が飛んでれば話は別ですが、そんな極端な状況じゃない限りは無駄な事ですね、確かに……!
でも今回はノーマル、マルチでもーわたしと彼女とMell(マイサポパ)の3人だけでしたし、こういうのも悪くないって思ってます♪
空にレスタなんて普通思いつきませんよ! 支援魂はわたし以上の物を持ってそうです、成長に期待!
そして寝落ちについてはぐうの音もでませんが、最近は全く寝落ちしてないんですよ! ……夏休みなのでw
学校が始まったら寝落ちはともかく、インできる時間もグッと減りそうですね^^;


>>り~ぜさん

ヒナさんの尊敬する変態って……(いや、んなことはないかw
何度もレスタを空振りしてたのでハッと気づきました。必死に滞空しながらがんばれ、がんばれーってw
成功した時はカタナの強化状態なんてもんじゃない、不思議な力が宿ったような気持ちでした。しかしVHでは真似しないでね!
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。