スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


サポーターズリンクの方も、応援よろしくお願いします!

涙の雨(後編)

――わたしはとある病気で、涙が流せません。


……といきなり書いてしまうとスペシャルな誤解を招きかねませんね。
すいません、少し盛りました。ちゃんと説明します。

病気というのはドライアイです。なんだそりゃと思うかも知れませんが、
わたしのドライアイは重度で、専用の目薬をほぼ毎日打っています。
かれこれ数年間打ち続けてるのに、未だに上達しない……!


そしてもう一つ、こちらは精神的な病。
昔、同級生の友達が、行方不明になりました。

時期を詳細に書くと地域がバレるかもしれないので伏せますが、
数年前、突如わたしの町を襲った豪雨によって大洪水が起き、
建物を無慈悲に破壊し、流されていく光景を目にしました。

変わり果てた町の姿、腹立たしい程全く無傷なわたしの家、
友達が流されたという事実を耳にした時……わたしは泣きました。



ウソみたいな本当の話です。
それからわたしは、もちろん全く涙が出ない訳ではありませんが、
感動する映画や本を見ても、感動して泣きたくなるんですが、
泣こうとしても、涙がこぼれないのです。

さて……開始早々いきなり暗い内容になってしまい申し訳ありません。
本編はこれを引きずり続ける内容ではありませんので、ご安心を。
それではお待たせしました。果たして写真はどうなったのか。
涙の雨(後編)、どうぞ。









う~ん、どうやったら綺麗な写真が撮れるでしょうか……
ヴァーダーに登って考えに考えた結果、3つの考えが生まれました。


1つは、わたしとヴェネタさんの二人しか居なかった事。
二人で綺麗に撮れないなら、4人で撮ればいいんです。それだけです。
欲を言えば12人で撮りたい所ですが断念。人手も容量も厳しいです。

2つ目は光源です。前回の撮影場所は明るい浮遊大陸だったので、
せっかくの美しい雨の明るさを、写真に反映できていませんでした。
今回は暗い場所で撮影に臨みたいと思います。

そして3つ目、パソコンじゃないと無理ですね……!
結局それかよ! しかしPCとVitaでは、画質があまりにも違いますし、
PAに含まれる光源の効果等も、Vitaだとうまく反映されないのです。


作戦は決まりました。しかし本当は前回の記事を更新するまでに、
実践しようとしたのですが、クーナとその猛烈なファンの再来により、
人手が全然集まらず、これからしばらくの間も厳しそうです。

8月1日の夜、そんな事を考えながらログインした直後の事。
21時ののDF戦が終わった所で、ロビーでヴェネタさんに再会しました。
そして今回の作戦と、手順について説明していると……


「あら、Beeさん!」
「こんばんわーw」

ヴェネタさんと同じチームのメンバー、Beeさんが颯爽と登場。
わたしのブログと旅の話をヴェネタさんから聞いていたようで、
すぐに打ち解け、しばし談笑しながら、狙っていました。

何を狙っていたかと言うと、彼がPCユーザーである事です。
今回の撮影、お願いできるかもしれません……!


「PCユーザーさんですよね?」
「そうですよー」
「一つお伺いしたい事があるんですが……!」
「ふむふむ」
「画質は言いほうでしょうか?」
「それは俺の得意分野な気がしてきた……!」
「これは結構ハイスペックな気がしてきた……!」

結果、今回のカメラマン役を快く引き受けてくれました。感謝です♪
更に彼はレンジャーだったので、グローリーレインも使えます。

これでカメラマンはOK、そこにチームマスターのuskさんが登場、
ブレイバーだったので、急遽説明してOKを頂きました!






わたし、ヴェネタさん、Beeさん、uskさん。メンバーが揃いました。
そしていよいよ海岸へ出発、目まぐるしく変わる昼と夜の合間を縫い、
夜の時間になると、4人で一気に撮影を進めました。

撮影は見事成功、皆さんのご協力で綺麗な写真が取れました。
その写真が、こちらです。






青いフォトンの光が降り注ぎ、夜の海岸を明るく照らします。
その美しい姿は、普段わたしの目に見えているそれより一層美しく、
感動をも感じさせる涙の雨となり、わたしの心を洗い流します。

雨は怖いはずなのに、こんな綺麗な雨もあったなんて……
決して大げさに言ってません。PCユーザーの方にとっては普通ですが、
普段のわたしには、こんな綺麗な雨を見る事はできないのです。






もう、夏なんですね……。
旅人として初めて、シップ3を旅立った時の事は、よく覚えています。
初めてのお別れ会、普段のハイテンションな「わたし」の裏側で、
色々と悩む事や、思い残す事、そして怯える心がありました。

シップ2に降り立ってからも、しばらくの間は怯えっぱなしでした。
フレンドリストが0人になり、まるで友達を全て失ったような感覚。
数年前の、友達の喪失を思い出す事もありました――。


それでも涙は流れません。遠くの昔に過ぎ去った事だから。
時間が傷を癒し、わたしの心に耐性をもたらしたのです。
そしてPSO2は所詮ゲーム。その中の旅なんてスケールの小さい物では、
現実と同じように、涙で心を洗い流すことはできません。

そんなわたしを救ってくれたのは、他でもないシップ2の人々。
それからの旅でも、行く先々のシップの人々に救われ続け、
ようやく、5回目の旅立ちを無事に迎えられそうです。


このフォトンの雨は、わたしの心の涙の雨。
涙を流せない、現実のわたしとわたしの分身Linoの代わりに、
シップ8の人々の優しさ、暖かさをしっかりと心に染み込ませ、
近づく旅立ちの日に、スッキリと心おきなく旅立てるように、
わたしを綺麗に洗い流してくれる、涙の雨です。






実は数年前の大洪水以来、わたしは一度だけ大泣きした事があります。
それは一般に言われる「林間学校」のようなイベントにて、
5日間を共にした、インストラクターの皆さんとのお別れの時でした。

最終日前夜、キャンプファイヤーを取り囲むように皆で座り、
長くて短い5日間の様々な思い出を書き連ねたオリジナルの歌を、
この日のために1か月練習したというギターで弾き語ってくれました。


失礼ながら、ずいぶん下手くそな歌だった事。
音程はバラバラ、ギターの演奏もぎこちない、耳障りな音。
6人が同時に歌う部分も、せっかくの歌詞が聞こえづらかった。

そして、夜を照らすキャンプファイヤーや、同級生の皆の顔、
一生懸命歌う6人のインストラクターの顔が、全然見えませんでした。
――涙を流しすぎて。


思わずあの時の事を思い出して、また涙がこぼれそうになりました。
涙に癒しの効果があるってのは本当なんだなと、あの時実感しました。
きっとあの場にはあの子も一緒に座って、笑っていた事でしょう……

いよいよシップ8ともお別れ。いや、お別れじゃない、またね。
わたしはまた、あのキャンプファイヤーを囲んだ時みたいに、
涙の雨で、心を洗い流す事ができました。





どうでしょう、今回の記事は何だかわたしらしくないですね……!
でも旅立ち前だから良いじゃない、元々自由なブログだし。
ありのままをたらたらと、それがShipTripのスタイルですから。

撮影にご協力頂いた3人の皆さん、わたしに涙を取り戻してくれて、
本当に、ありがとうございました。


いよいよ今日、またね会です。
ライブにDFにバニレンと、ここに来て様々な予定が重なりますが、
それもイベントの一つとして楽しみましょう。そう自由に。
シップ8の皆さんの参加、お待ちしています。

それでは、夜にまたお会いしましょう。




サポーターズリンクの方も、応援よろしくお願いします!

テーマ : PHANTASY STAR ONLINE2 - ジャンル : オンラインゲーム

コメント

No title

泣いちゃったよ!
もう洪水のリノの気持ち考えただけで、だけっていっていいもんじゃないけど泣いちゃった

じゃあ私がエンさんの時やまたねの時泣いてた時(泣きかたは違うけど)、リノはちょっと複雑な気持ちだったのかな?

涙の雨ってそ〜ゆ〜意味やったんや!

Linoの心にかかるフィルターも、今晩だけは取れるとい〜ね(^_−)−☆
取り敢えずは、寝落ちしないよ〜に今から寝溜めしときぃw

私の学生の頃のキャンプファイヤーって何年前よ!w

No title

更新お疲れ
前回から一転したね
こういう時になんて言いえばいいか考えるの苦手だけど
まあ、PSO2内でのいろんな出会いがそれだけ大きな感動を生み出してるってことだよ
ちょっと言うの早いけど次の旅も楽しんできて! こっちも楽しみにしてるからb

少し前にヒューナルの地走りに真っ正面からカミカゼして相討ちしたり、エルダーのプレス時にコア目掛けてカミカゼしてものっそいスカイハイ&フィニッシュかましたシップ8の紅色アークス、アキナです。


おお、何ともキレイなフォトンの雨ですねぇ~
ただこの密度だとクォーツさんの雨にも見えて…………アア、エンドブッパチュウハヤメテクダサイシンデシマイマスワ…………


まあ、そんな私の悪夢は置いといてまたね会、全力で這い寄らせてもらいますよ!!

……どの衣装持ってこうかな

先日は失礼の数々、大変失礼しましたm(_ _)m

だか、反省はしません!
アレがあたしの個性ですからw

泣けないってとっても辛い事だと思うの...
こればっかりはあたし達はなにも出来無いかもだけど、PSO2をしてるフレさん達は皆仲間だから、時には愚痴とか聞いて貰えると思うので、ストレス溜め無いよーに心も健康でいてね(^_−)−☆

本日も夜勤の為、「またね会」には出席出来ませんがLinoちゃんの船出を心から応援しています!
次のシップではあたしより変態さんに出会わ無い事を切に祈って...
「またね(^_−)−☆」

超綺麗!

凄く綺麗~♪
自分もVita何で、こんなに綺麗に写る何て思ってなかった!

そして、いい話です!
正直、感動しました(*^^*)
この手の話は弱いんですρ(・・、)

Linoさんの経験、自分がどんなに想像しても気持ちはわかりません。
でも、こういう場で、ゲーム内でバカやって笑かしたり、時には怒られたりしてちょっとでも‘時のお手伝い’は出来ます。

たかがゲームって思う人もいますが、Linoさんが各シップで培った物は紛れもなくこれからも続く絆です。
思い出は消えても絆は消えません。
そういった事が大事なのかもしれないね。

そして、Linoさんは旅が一段落したらそれを誰よりも理解するんじゃないでしょうか( v^-゜)♪

No title

Linoさんの旅立ちは「さようなら」じゃなくて「いってきます」ですよね(^^

辛い経験をしていたのですね…
自分にはそういう経験がないのでかけられる言葉はあまりないかもしれません…

コメントにもありましたが辛いときは誰かに話すと少しは楽になるはずです♪

ですが、とりあえず今日はまたね会を楽しむべし!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

うーん…なんだか上手くコメントできません。悪い意味ではなく…
軽薄な自分が何か書いても、ワザとらしくなってしまいそうです。

ってことで、シンプルに

最初から最後まで、ちゃんときっちり読ませていただきました。
本当に良いSSだと思います。とっても綺麗な雨が撮れましたねー

…おそらくナフォイエを使ったと思われる、後夜祭ちっくなSSもグッドですw

おめめ、シパシパ(*_*)

綺麗な映像で感動しました。(*^_^*)

泣けないとか…辛いよね。時間か色んな体験かで癒されていきますように。

まとめてお返事

みなさん、コメントありがとうございます♪
今回の記事はなんだか個人事情といいますか、昔語りといいますか、、、ともかく若干趣旨がずれてしまい、申し訳ありませんでしたw
涙が流せないのは辛いことですが、涙を流したいという心を忘れてしまう事は、あってはならないと思います。
わたしはまだまだ泣きたい。だから今回、泣けないわたしの代わりにフォトンに泣いてもらいました。はい、意味不明ですね^^;
シップ8も残りあと1日。またね会が終わっても、最後の最後までしっかり楽しんで旅立っていきます。
あと少しの間だけ、シップ8のみなさん、お世話になります♪
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。