スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


サポーターズリンクの方も、応援よろしくお願いします!

クローム・ドラゴン・イングリッシュ




こんにちわ。Linoです。
わたしは今、既にシップ2に来ております。
3月31日、12時きっかりに、シップ3を旅立ってから、およそ24時間が経過しました。

違うシップに来た事は来たんですが、
なにせロビーのデザインはシップ3と全く同じなので、
いまひとつ、旅行に来た実感が無い、というのが心情です。


しかし、フレンドリストは、すっかり消えてしまいました。
わたしはここで、また一から友達を作っていく事になります。

ですが、それが楽しいのです。
だって、その為に旅をしているんですから。
全シップを旅して、友達1000人とか作ってみたいですw

それに、フレンドリストからは消えても、
シップ3の皆さんと、友達で無くなった訳ではありません。
いつかきっと帰って、会いに行きます。





さて、ここからは、初のシップ2の記事に参ります。
最初はやっぱり、シップ2で初めて組んだパーティーの話でしょうかね。

シップ2で初めて受けたミッションは、
名前が思い出せない「クローム・ドラゴン」の緊急ミッション。
「誰でも楽しく」のパーティーがあったので、そちらに参加しました。

このパーティーは、リーダーさんとわたしだけの、2人パーティーでした。
リーダーさんの名前は、仮にKさんとしておきましょう。


しばらく参加者を待っていたものの、なかなか現れそうにありません。
わたしが、「行きませんか?」と言おうとすると、先にKさんが口を開きました。

「Let's go.」

あ、はい、レッツゴーですね。
それでは行きましょうか。
…えっと、もしかして……まさかね~


Kさんは、ランチャーの「ロデオドライブ」という技を連発し、
物凄い速さで進んでいきます。
ボス直だな、と理解し、わたしも必死で後を追いかけます。

エリア2に入る頃には、かなり差がついてしまいました。
わたしのずっと先を行くKさんは、もうエリア3の入り口に差しかかろうという所です。


……と思いきや、Kさんが選んだルートは行き止まりでした。
Kさんはあわてて引き返しながら、こう言ったのです。

「sorry, go back!」

あ、やっぱりそうなんだ!
レッツゴーは日本人にも馴染み深いワードなので、確信は持てませんでしたが、
これは明らかに、日本人では無いと確信しました。

そう、わたしがシップ2で、初めて知り合ったKさんは、
外国人だったのです。


シップ2には外国人の方が多いとは聞いていましたが、
まさか初っ端で出会う事になるとは、予想だにしていませんでした。
これは何とかして、英語で話してみたいものです。

しかしわたしは、英語が絶望的に苦手で、
日常会話はおろか、基本文法すらあやふやなのです。(涙
上手く言葉が伝わるといいんですが。



そして、ミッションをクリアした瞬間、
Kさんは、「again guick!!」と叫びました。

アゲイン、クイック。
急いでもう一回受け直す、という事ですね! たぶん!
緊急ミッションの受付が終わるまで、あと1分しか無かったのです。


急いでキャンプシップに戻ったKさん。
わたしもアイテムの回収を終えて、遅れて戻ると、
そこにはミッション端末の前で、呆然と立ち尽くすKさんの姿が。

状況を理解したわたしは、すかさず「Don't mind.」と言いました。
ドントマインド。いわゆる「ドンマイ」です。
これくらいしか英語の知識が無いわたし。大丈夫かな……


するとKさんは、こう返しました。

「私たちは遅すぎた。急いだならもっと間に合ったから謝る。」

おお!日本語だいたい合ってますよ!
「もう少し急げば間に合ったかも。ごめんね~」と取りました。
わたしも、「Don't worry.」と返します。


残念ながら緊急ミッションは終わってしまったので、解散する事になりました。

「今回は解散しよう。楽しかったのは皆でに戦った。ありがとう。」

これは……わたしが一緒に戦ったから楽しかった、という事ですか!
わたしも何とか返事したくて、貧弱な英語の知識を総動員します。

「You're welcome.
Thank you for plaing with me!」

ユアウェルカム、どういたしまして。
わたしと一緒に遊んでくれて、ありがとう。

文法的には中学校レベルかもしれませんが、
たぶん上の文、間違ってます。
どうか笑わないで下さい。コメント欄を炎上させないで下さい。


するとKさんは、最後にこう返してくれました。

「こちらこそ。話してくれた、ありがとう。 =)」

よかった。ちゃんとわたしの言葉、届いたみたいです。
こちらこそ話してくれて、ありがとう。

Kさんは、普段あまり話をしてもらえないのかもしれません。
わたしも最初は避け気味でしたが、勇気を出して話をした甲斐がありました。



みなさんも、もし外国人の方を見かけたら、
避けないで、勇気を出して、話しかけてみませんか?
わたしみたいな下手くそな英語でも、案外伝わりますよ! たぶん!


「Thank you for reading this blog! =)」




サポーターズリンクの方も、応援よろしくお願いします!

テーマ : PHANTASY STAR ONLINE2 - ジャンル : オンラインゲーム

コメント

No title

素敵な企画をされてますね!
そしてその内容通り素敵な出会いがあったようで何よりです^^

ship1に来られた時は是非お声をかけてください。
まぁ、ship自体は他のship同様変わらないんですけどねw

May you be always surrounded with happy smiles!

No title

さすが、早速良い出会いをされてますね
コミュニケーションしようとする意志があれば、文法とか関係なく伝わりますよ

ワタシハエイゴワカリマセーンw

私に始めてチーム参加の声を掛けてくれた、今のリーダーさんは、良く分からないけど、チームメンバーが外国の方がメインですw

はい、コミュニケーション取れませんw

数人の方が日本語どあちらの言葉を話せるので、通訳して貰ってます...

英国すら分からないのに、見たこと無い文字がチームチャットで飛び交うんですから...

毎日が外国旅行気分ですw

お返事

>>通りすがりのRa……じゃなかったFoさん

はじめまして!コメントありがとうございます~^^
シップ1に行く際には、よろしくお願いしますね♪
ちなみに早速その英文読めない……涙


>>通りすがりのRaさん

うふふ、ふふふふふ。
心で通じ合えば、言葉はいらないんですよお。
撃ちたいという意志があれば、敵味方関係なく
撃ち抜ける銃と同じですねえ。


>>り~ぜさん

そういうのも、なかなか出来ない体験ですね~
シップを移動した実感は未だに薄いですが、
わたしも海外旅行に来た気分です♪

No title

更新お疲れ~(✽*・ω・)ノ
初っ端からインパクト強いね~w これならきっとこれからもいい出会いが起こるはず!! まだ旅は始まったばかりだ!! がんばって~ノシ

No title

2鯖は外人さん多いってほんとなんですねw
PSO2やってらっしゃる外人の方は、意外と日本語でも通じる人多いですよ~。リアルでもそうですが、文法なんて二の次で、伝えたい単語を並べるだけでもちゃんと理解してくれます。要は気持ちの問題ですね(*´ω`*)

楽しそうですね!

逃げずにチャレンジと自分に思わせるお話でした。道案内するときも割と私逃げ腰ですから…。
私も色々飛び込んでいこうかな。

こんにちは♪

僕もこの間、中国人のかたとフレンドになりました!
なかなかコミュニケーションは上手くとれませんが、なんだか楽しいんですよね…!

シップ2は、シップ3と比べると少し大変そうですが、ファイトです!

お返事(2

>>エイルさん

ほんと、始まったばっかりですね。
これから沢山の出会いを経て、大きく成長できるように
まずは頑張って、英語の勉強しないと^^;


>>Lafrenzeさん

本当に多いんですよ!
この他にも既に、別の外国人に会ってますからねw
次の記事で書くので、お楽しみに~

やっぱり気持ちですよね気持ち!
でも学校の成績を見ても、結局英語は勉強しないと、、、


>>雪猫さん

ブログのコメントで、そんなに突っ込んでいけるんですから、
PSO2内でも、勇気を出して突っ込んでみては?
きっと雪猫さんなら大丈夫ですよ!


>>ヒナさん

もしかしたら、コミュニケーションが取りにくいからこそ、楽しいのかもしれませんね♪
元々文字チャットという、会話しにくい状況に加えて、
さらに言葉も違うとなれば、それはもはやスリル満点ですよw
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。