スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


サポーターズリンクの方も、応援よろしくお願いします!

さよならテクター

わたしってひょっとしたら飽き性なんじゃないか?と思いながら、
この17年を過ごしてきましたが、今になってようやく確信しました。
わたしは、疑いの余地のない飽き性のようです。

読者の皆さんもお気づきかと思いますが、わたしはPSO2開始当初から、
サブテクターこそ一途ですが、メインクラスが安定していません。
見方を変えればバランス良く育成している……と言えなくも無いですが、
1つの職が長続きせず、いつも中途半端なレベルで転職しているのです。

これでは本当に将来就く職も安定しないのではと不安になりますね。
これだから最近の若いのは……転がるガロンゴにはコケが生えません。
でもバイト(=サブクラス)は変わらないのか。これは痛いですね。


こほん。皆さんの予想通り、わたしはまたもや転職してしまいました。
この間ハンターになって、と思ったらファイターになったばかりなのに、
まーた転職です。これがゆとり世代の恐ろしさですね。自分で言うか。

という訳で、今回はクーガーNXとのラストバトルに挑んで以来となる、
唯一まだレベル40台だった職、ブレイバーの育成記を書いていきます。





実はブレイバー以外のクラスは全てレベル50台に突入しているのですが、
これだけまだレベル44と置いてけぼりだったので、Fiが一段落ついたら、
もう一度ブレイバーに転職して、レベル50にしておくつもりでした。

しかしまあFiが勉強も手につかない程楽しすぎて、Brを50にするのは、
受験が終わってからにしよう……と思っていたのですが。
Fiが52になった矢先の事、気がつくとわたしはBrになっていました。

せっかく拾ったフローティングエッジズを強化したばかりなのに、
その翌日にわたしがBrになっていた、その原因とは……






だいたいこいつのせい。

「偽・螺旋剣」。矢ではなく剣を撃ち出すめちゃくちゃな弓迷彩です。
Fateの知識は全くありませんが、単に見た目がとても気に入ったので、
Brを育てる時のためにと、安くなっていたのを即買いしていました。


弓は射撃武器の中で唯一「銃」ではないため派手な射撃音がせず、
モン〇ンの弓のように眩しい当たりエフェクトが飛び散る訳でもなく、
チェ〇ターの弓のように、矢の先に雷が落ちてきたりもしません。
総じて地味な武器です。弓は大好きですが、そこだけが残念な点でした。

ところがこの迷彩は雷こそ落ちませんが、重低な射撃音に赤いオーラと、
本体のシンプルさと対照的な派手さを備えています。素晴らしいですね。
これの実装がきっかけとなり、再び弓を手にとる事になったのです。



さて、再びBrを育成するにあたり、まずはサブクラスを決めます。
何気にBr以外は全てレベル50台、どれでもサブクラスに置けますが、
そこはわたしの事ですし、いつものようにサブテクターが安定……
……かと思いきや、全てのクラスでサブテクターを経験してきた上で、
ぶっちゃけてしまいますと、Br/Teはサブテクター史上最も使えません。

なんやかんや言ってサブテクターでも、それぞれのメインクラスが、
固有の火力補強スキル(フューリー、WHA等々)を持っていた為、
TeのPP支援により、支援もしつつ人並みの活躍が出来ていたのですが、
Brだけは頼みの綱であるスタンスの効果が薄く、PT戦でも苦戦します。

ウィークスタンス(以下WS)ならそれなりの火力が出るには出ますが、
サブテクターの火力ケアが無い状態で、弱点以外に攻撃を当てたとき、
さらにダメージ減算というデメリットは大きく(レベル10で10%減)、
アベレージスタンス(以下AS)の方を使っているわたしとしては、
何とかもう一押しの火力補強スキルが欲しいところなのです。


という訳で今回は、わたしにとって初めての試みとなる一大決断、
思い切って、サブテクターを離れます。

と言っても、わたしはサブHuのような火力特化型にはなりません。
PT支援も出来ないと、サブテクターでやってきた意味がありません。
Brの火力を補強しつつ、支援も出来るサブクラスはありませんかね……






ありました。ここでサブRaに白羽の矢が立ったのです(弓だけに)。
Raの火力スキルであるWHAは、WSと同じく弱点のみの効果ですが、
その効果値は156.25%と強力。WS全振りの157.3%とほぼ同じ効果で、
弱点以外への減算が無く、実質ASとWSの同時発動状態が再現できます。

とは言えサブHuなら、通常・弱点問わずサブRaより高火力ですが……
支援スキルがウォークライくらいしかない無粋なクラスはお断りです。
Raには唯一無二の強みである超強力支援スキル、WBがあるのです。


ボスをも瞬殺するバ火力PTなら無用ですが、流石にそんなPTは稀です。
憎きGuHuやFiHu、カタナBrが大量に増殖し、Raが減ってきた今、
WBを撃てる人が希少化し、支援プレイヤーの春がやって来たのです。

さらにWBはダメージ3倍化という倍率にだけ目が行きがちですが、
ツリーの位置が浅く、効果時間は18秒、一度に最大4発装填可能で、
リキャストも90秒と、あらゆる面から見て完成度の高い仕上がりです。
敵が固く、一気に寄ってくる(=広範囲攻撃が必要ない)SHであれば、
ライフルをメイン武器にして常用するのも一つの手だと言われています。
……わたしは弓メインで立ち回るのでそうは行きませんがね。





さて、強力な支援スキルも手に入れた所でBrRaをざっと体験してみて、
率直に抱いた感想……と言うより、サブテクターから離れてみた感想。

メイト飲むの遅い!!

これまでずっとテク職を構成に入れ、回復はレスタ任せだったわたしは、
まともにメイトを飲んだことが無く、マグのエサになるだけでしたが、
テクを失いメイト頼りになった途端、回復という概念が変わりました。

いつでも気軽に回復できるというのは、幸せな事だったんですね……!
メイトは使用中完全に立ち止まる上、回数制限もあるという仕様です。
チャージ中自由に動けて、無限に回復できるレスタとは大違いですね。

しかしこの影響で、自然と被弾しない立ち回りを追求するようになり、
むしろ死亡率は減ったような気がします。結果オーライですね。
これまで使わなかったスターアトマイザーも使うようになりましたが、
こちらは意外にもレスタより使いやすいという。範囲広すぎですね……!


そしてメイトには慣れても、どうしても慣れない点もまた存在します。

PP回復が遅い!!

サブテクターのPP回復力にすっかり体が慣れてしまっている上に、
燃費の悪い弓という組み合わせのため、すぐに息切れを起こします。
こればっかりは仕方ありません。慣れるのに時間がかかりそうです。

しかしRaには、倒れた敵からPPを吸収する「キリングボーナス」があり、
密着時や乱戦時には息切れどころか、PPが使い切れなくなります。
射程が長いという弓の長所を殺してしまうのが勿体無い所ですが、
SHではそうも言っていられなくなる程に敵の接近速度が早いので、
ジャンプ接射マスシュや近距離トレアロが主力になりそうですね。
(カミカゼはサブRaだと威力が出ないため主力には使えません)






新実装の緊急「採掘基地防衛戦」で、早速キリングボーナスが役に立ち、
大善戦……したのかどうかは分かりませんが、貢献度1位に輝きました。
拠点の番人……どっちかというと前線で戦っていたような……!

Brになったからには、この緊急で落ちる新PAも気になっていましたが、
本命のネメシスが意外に残念、バニッシュがむしろ本命という結果に。
その裏ではリンドウに続くカタナのぶっ壊れPAも登場したようですが……
それらについては次回の更新でぼちぼち語ることにしましょう。



という訳で今回はこの辺で。次回はまた弓の布教でもしましょうかね。
センターまで1か月を切りました。いよいよ追い込みです……!





◆速報

更新直前、防衛戦にて★11武器「ナスヨテリ」がドロップしました!
次回「11の星」、お楽しみに。


サポーターズリンクの方も、応援よろしくお願いします!

テーマ : PHANTASY STAR ONLINE2 - ジャンル : オンラインゲーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。